リサイクルトナーの元ではリサイクルトナーに関する知識や製造工程を解説

リサイクルトナーの元

リサイクルトナーの元ではリサイクルトナーに関する豆知識やお役立ち情報をご紹介しています。

リサイクルトナーについて

リサイクルトナーは一言で言うとエコです。純正のトナーは価格が高く、インクなのに1本数万円するものもあります。カラーのプリンターを使用していて、トナーを4色全部換えるとなんとプリンター本体がもう1個買えてしまう値段になることがよくあります。それほどインクは高価です。リサイクルトナーは使用済みの空トナーを専門の工場で再生し、再利用するというものです。メーカー純正品で1本数万円のトナーが数千円で手に入り、印刷品質もそんなに変わらないというものです。これはただ単にインクの詰め替えをするだけでなく、カートリッジの中身のローラーやブレードといった細かい内部部品で消耗劣化しているものを取り換え交換し、中を洗浄・分解・修理し、純正品同様の品質まで印字テストを繰り返し行っていることで印刷品質を保持していることが理由です。カートリッジは3回〜6回ほど再利用できるし、価格も半分以下になるリサイクルトナーは今注目されているエコアイテムです。使用後のトナーを再利用し、リサイクルすることで環境にも優しく地球を守ることにも役立っています。また、販売店の中には不要な空カートリッジを無料で回収する業者もたくさんありますので捨てるのではなく、回収してもらえば不要なトナーも再利用できるので一石二鳥です。ぜひ利用しましょう。また、品質保証を行っている業者もあります。どういったものかというと、使用中のリサイクルトナーに不具合があった場合については無償で代品を手配したり返品を受け付けると言ったものです。はじめて使用する人はリサイクルトナーが不安な方もいるので、品質保証はとても便利です。リサイクルトナーの保証期間については販売店によって異なりますのでよくチェックしておきましょう。リサイクルトナーの品質については年々良くなってきています。10年くらい前のリサイクルトナーは本当にインクを詰め替えただけのお粗末まものでしたが、現在は純正品とほぼ変わらないレベルまで品質が向上してきています。これはリサイクルトナーを使用しない手はありません。しかし、便利なだけではありません。リサイクルトナーを使用しているとメーカー保証が受けられなかったりマイナスな面もあります。プリンタメーカーのキャノン・エプソン・リコー・ゼロックスなどは新商品をどんどん販売しています。その度にトナーの形状が変わったり内臓のICチップが新しいものに更新されたりとリサイクル自体がやりにくくなってきています。リサイクルトナーの工場もこのような現状に対応すべく、日々頑張っているようです。


リサイクルトナーの元の使用の画像や文章を無断で転用することを禁じます。
リサイクルトナーに関するお問い合わせはこちらまで
 
Copyright (C) 2011 All Rights Reserve